チタン工房キムラのチタンアクセサリーブログ

BLOG

  • 2020年01月29日

    【徹底解説】アクセサリーの素材は何があるの??

    アクセサリーの素材は何種類もあります。

    しかし、どの素材を選べばいいのか悩むこともありますよね。

    それぞれの素材についてメリットとデメリットを紹介します。

     

    アクセサリーの素材の種類

    まず、アクセサリーの素材には真鍮(しんちゅう)、チタン、シルバー、ステンレス、ゴールド、プラチナがあります。

     

    ①真鍮(しんちゅう)

    真鍮とは銅と亜鉛の合金で黄銅やブラスとも言われています。この2つの配合の割合や与える熱によって色が変わってきます。

    色は金と銀が主流です。古美といったアンティークなメッキが施された色もあります。

     

    ■メリット

    ・時間とともに変化する色や質感に愛着が出てくる

    ・輝きに重厚感がある

    ・初めは金のような光沢がある

    ・低価格

    ■デメリット

    ・酸素、二酸化炭素、水分、塩分に反応して青緑色の錆ができ、身体や服に付着する
    ※身体に害はないです

    ・手入れの手間がかかる

     

    ②チタン

    チタンは高価で高品質な金属です。通常は黒っぽい銀色ですが、加工により多様な発色を実現できます。

    最近では結婚指輪をチタンリングにする方も増えてきています。
    他の貴金属に比べてとても軽いため、指輪をつけてもストレスを感じにくくなるでしょう。

    プラチナや金に比べると価格が安いため、結婚指輪にそこまでお金をかけられないという方にもおすすめです。

    ■メリット

    ・金属アレルギーを起こしにくい

    ・水、汗に強いから濡れても大丈夫

    ・お手入れが簡単

    ・軽量だからボリュームがあるものでも負担が少ない

    ・さびにくい

    ■デメリット

    ・サイズ直しが難しい

     

    ③シルバー

    シルバーアクセサリーで使われている一般的な素材は、シルバー925という銀の保有率が92.5%のものです。
    残りの7.5%には銅などの他の金属が含まれています。

    シルバー925の他には、シルバー1000(純銀)や950といった純度の違う素材もあります。

     

    ■メリット

    ・高級感がある

    ・光の反射率が高く、温かみのある色味がある

    ・いぶし銀というシルバー特有の色味がでてくる

    ■デメリット

    ・手入れを怠ると黒ずみが目立つ

     

    ④ステンレス

    ステンレスとは、Stainless Steel(ステンレス銅)の略称で、Stainlessはさびないという意味です。

    一般にステンレスは鉄が主成分で、これにクロムやニッケルを含めた合金鋼です。

     

    ■メリット

    ・シルバーに比べて価格が安い

    ・さびにくい

    ・熱・酸・酸化・腐食に強い

    ■デメリット

    ・キラキラしすぎて安っぽく見えることがある

    ・シルバーのような複雑、柔らかさを出すデザインがあまりない

     

    ⑤ゴールド

    ゴールドの特徴はカラーバリエーションが豊富なことです。
    ピンク、イエロー、ホワイト、パープル、ブルーなどがあります。
    このようなカラーゴールドは、金の他の貴金属を混ぜ合わせて作ってあります。

    また、10金と18金を耳にするかと思いますが、何が違うかをご説明します。

    10金:素材の成分41.7%以上が金、残り58.3%以下が銀や銅などが混ざっている合金

    イエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールドが基本的な色です。
    ピンクゴールドは18金より10金のほうがピンク色が強く出やすいです。

    18金:素材の成分75%が金、残り25%が銀や銅などが混ざっている合金

    イエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールドが基本的な色です。
    10金より金色が濃いため、ダイアモンド、サファイア、ルビーなどの貴石と相性が良いです。

     

    ■メリット

    ・高級感がある

    ・カラーバリエーションが豊富

    ■デメリット

    ・価格が高い

     

    ⑥プラチナ

    プラチナはとても希少性が高い金属です。金の25分の1ぐらいしか採れません。

    他の貴金属に比べて比重が高く、持ってみるとその重さを感じると思います。

    プラチナは白い光沢が特徴で、熱や酸にも強く、優れた耐久性があることから、純粋性や永遠性の象徴として婚約指輪や結婚指輪に使われることが多いです。

     

    ■メリット

    ・変色や変質に強い

    ・長年経っても見た目がそんなに変わらない

    ・お手入れをしなくても輝きが保てる

    ■デメリット

    ・重たい

    ・価格が高い(シルバーの50倍以上)

     

    重さの比較

    次に重さを比較してみます。

    金属の重さを比較するときには、比較する金属の同一の体積と標準物質の質量の比(比重)を使います。

    金属名   比重
    ・真鍮    8.45
    ・チタン   4.51

    ・シルバー  10.53
    ・ステンレス 7.78~7.93
    ・ゴールド  11.42~19.51
    ・プラチナ  15.70~21.66

     

    1番軽いものはチタンで、1番重いものがプラチナです。
    この差は3倍以上になります。

    アクセサリーをつけていて重くて気になる方や疲れてしまう方はチタンアクセサリーがおすすめです。

     

    まとめ

    いかがでしたか?

    それぞれの金属で特徴やデメリットは変わってきます。

    今後自分が使うことを想像したときに1番使いやすいなと思うものを選んでみてくださいね。

    チタンアクセサリーの商品ページはこちら↓

    https://titankobo.co.jp/products/list