チタン工房キムラのニュース

NEWS

  • 2019年06月01日

    企業向けオリジナル品の小ロット制作について

    法人のお客さまへ

    OEM ・ オリジナル「チタン製」アクセサリー・部品製作いたします

    チタン工房キムラは2002年より個人向けお客様向けに自社で制作したオリジナル商品のネット通販を行っています。

    運営母体である木村金属工業(株)は、1975年よりめがね産地「福井県鯖江市」でチタン製めがね材料、部品の製造販売を行ってきました。


    JR北陸線、北陸自動車道を利用したことがある方でしたら見覚えがあるかもしれません。
    めがね産地の証の看板、当社はこの看板の麓にあります。

     

    眼鏡部品加工技術で培った圧延加工、フライス盤による2次加工、研磨加工の技術を活用し、

    自社製チタン製品を作ることが原点でした。

    □1.7mmのチタン製角パイプを作り、それをひもで繋いでネックレスにしたのが作品第一号。

    その後、

    個性だけは誰にも負けません(^^)

     

    ネックレスを作ると次はペンダントという流れになります。

    そこで今度は3D CADを学び、さらにCAMを活用し、チタン削り出しでペンダント等の制作を開始、

    個別対応に柔軟に対応出来る、現在の運営方針の骨格を構築することが出来ました。

    ペンダントタイプのIDタグ/ドッグタグ/Shield、制作過程事例

    ウェブサイトを見る:https://titankobo.co.jp/products/detail/102

     

    バブル崩壊以降、国内の製造業は次々と海外に移転。

    「海外で生産した品を安く輸入し国内で販売する」

    というのが世の中のスタンダードになって久しいですが、その手法は常に

    工程、品質、納期が読めないリスク、そして最小ロットの問題といった課題が発生しています。

    資本に限りがある中小、零細企業において、この問題は頭の痛い問題です。

    さらにチタンという難加工材を扱うとなると、国内でもかなり少数。

    また、試作したいと思っても、複数の企業をまたぐ加工が発生する場合

    試作の請負可否、工程管理といった問題が発生、当然カタチになるまでの時間がかかるため

    スケジュールの遅れ、販売機会ロスといった損失が発生します。

     

    弊社チタンアクセサリー事業は、個人向けに制作することに特化してきた為、大量生産は出来ませんが

    企業オリジナル商品の試作、100品/月程度の小ロット生産であれば工夫することで対応可能。

    中小、零細企業の方の力にはなれるのではと考えています。

    従来、鯖江のめがね作りは分業制となっており、複数の企業での加工を経て、最終的にめがね完成品が出来上がります。

    ただ、個人向けの1品対応では、めがね制作のような形態で請け負うことは不可能です。

    その為、少しずつ、出来る範囲で自社内、ワンストップで完結出来るよう、技術の構築を行ってきました。

    今回は、現在弊社内で対応出来る技術についてのまとめ、ご紹介をいたします。

     

    弊社の特徴:金型を用いない切削制法に特化、文字彫刻を得意としています

    金型を用いない切削制法に特化することで、

    「ちょっとだけここを変更したい」

    「サイズ違い、大きさを変えたい」

    といった、ご要望に対し、可能な範囲で対応、実績と経験を積んできました。

    ウェブサイトを見る:https://titankobo.co.jp/products/detail/816

     

     

    3D CAD/CAM

    3D CADの勉強、表現の研究を日々行っています。

    企画途中での変更に対し、柔軟に対応出来るよう、また実際に加工が出来ることを考慮した上でNurbs、メッシュデータを使い分け作成しています。

    作成した3Dデータを基に切削プログラムを作成し、製品化を行っています。

    ヘアラインの曲面で構成された3D CADモデル(3D曲面にレイアウト)

     

    ベースサーフェス(画像左)を模様化

    平面のみならず曲面上に模様をマッピングし直彫りすることが可能です。

     

    チタン切削加工(CNC切削)

    サイズ:45x45xt19mm

     

    切削で微細模様加工

    ウェブサイトを見る:https://titankobo.co.jp/products/detail/514

     

    チタンピアス/クロッシングタイプ

     

    小径エンドミルによる文字彫刻

    ヘアラインを切削彫刻(純チタン)

    STAY HOMEの文字はレーザー彫刻

     

     

    STLデータ加工

    模様の写真画像をSTLファイルにて3Dデータ化、そのデータを基にφ1mm以下の微細刃物で彫刻することが可能です。

    商品化事例

    切削で木目肌を表現、文字刻印

    ウェブサイトを見る:https://titankobo.co.jp/products/detail/811

     

     

    円筒側面へ継ぎ目のない模様彫刻

     

    レーザー彫刻・刻印

    切削刃物では削ることのできない、微細なエリア、線も綺麗に、見事に彫刻出来てしまいます。

    基本は平面への刻印になりますが、

    下記写真のように円筒側面(外側)への文字刻印

    および、リング内側へ文字刻印も可能です。

     

    写真をレーザー彫刻

    明るさをドットの大きさに換算、少し前の新聞の白黒写真のような手法で刻印

     

     

    チタン溶接

     

    チタン研磨

     

    サンドブラスト仕上げ

     

    弊社オリジナル技術:アンティーク仕上げ

    塗装、コーティングとは異なる制作方法でチタン表面を濃灰褐色化する技術を確立。チタン表面を改質しているので金属アレルギー症状を起こす他元素は混入していません。 使い込むほどあなた色に変化、着用するほど愛着が沸く表面処理です。凸部、角部のグレー色が薄くなります。

     

    企業向け商品、製品制作事例

    法人向けお取引で制作した事例:お客様の承諾を得た上で掲載(※個人向け販売は行っておりません)

     

    <制作事例>

    チタン製バイクメーター周り部品

     

    当社でネット通販している品そのものを卸で請け負うということは行っておりません。

    が、ひとつひとつの商品を作るのに必要な技術を応用して、

    違う商品・企業オリジナル商品を作ることは可能です。

    今、ここでご紹介した技術、および当社ウェブサイト商品から連想されるオリジナル品を

    企画してみたいという企業さまがございましたら、

    ———————————————————————————–

    ある程度の具体案(類似形状、サイズ)をご提示の上、ご相談下さい。

    ———————————————————————————–

    お問合せ先

    TEL:050-3541-3180(平日:9:00~17:00)

    FAX:0778-52-5463(24Hr受付)

    Mail: nandemoya@titankobo.co.jp