チタン工房キムラのチタンアクセサリーブログ

BLOG

  • 2018年10月31日

    チタンピアスはつけっぱなしでも大丈夫?素材の特徴や選び方をご紹介

    初めてピアスを開ける人は、ピアスをつけっぱなしにしても皮膚に害はないのか気になりますよね。

    ピアス初心者と金属アレルギーが心配な人に向けて、チタンアクセサリーが人気の理由と、つけっぱなしにできるチタンピアスの選び方をご紹介します。
     

    チタンピアスはつけっぱなしでも大丈夫

    チタンピアスの素材であるチタンは、人工関節や人工骨にできるほど人体と親和性がある金属です。

    チタンピアスはつけっぱなしにしていても、他の金属ピアスより安全性は高いです。

    • 純チタン
    • プラチナ
    • シルバー
    • ゴールド

    上の4つは、アクセサリーで人気の素材です。

    金属アレルギーになりにくい素材としてはプラチナやゴールドも人気ですが、高価であるため購入しにくいことも事実です。

    純チタンは、プラチナやゴールドよりも安価で、体に優しいという点が人気の理由です。
     

    純チタンのピアスを選ぼう

    チタンは、大きく分けて「純チタン」と「チタン合金」の2種類あります。

    純チタンとは、チタンの純度が高いことを意味しています。

    チタン合金は、チタンに他の元素を混ぜたものを指します。

    「体に優しい」というチタンの特性を期待するならば、純チタンのピアスがおすすめです。
     

    つけっぱなしにしたいセカンドピアスにも純チタンはおすすめ

    ファーストピアスを、ホールが安定するまでつけっぱなしにしたら、次はセカンドピアスへとステップアップします。

    セカンドピアスもファーストピアスと同じように、基本的にはつけっぱなしです。

    セカンドピアスへ移行する頃でも、ピアスホールはまだ完成していません。

    ピアスを外す時間を増やしてしまうと、次第にピアスホールが小さくなってしまったなんていうことも。

    個人差はありますが、セカンドピアスをつけておく期間の目安は、約1年になります。

    ピアスを外しても穴がふさがらなくなれば、ピアスホールの完成となります。

    ただ、心配ならば1年半ほどセカンドピアスをつけっぱなしにしておいた方が良いでしょう。

    長いつきあいとなるセカンドピアスは、人体に優しい素材である純チタンピアスを選びましょう。
     

    純チタンピアスは運動時やお風呂でもつけっぱなしOK

    安価な素材のピアスの場合、運動をする時や入浴時につけっぱなしだと、汗や皮脂・入浴剤や温泉の成分によって変色する可能性があります。

    しかし、純チタンピアスには水や汗に強い性質があり、運動中やお風呂に入るときも24時間つけっぱなしで大丈夫です。
     

    純チタンピアスは金属アレルギーになりにくい

    純チタンピアスといえども、すべての人が絶対に金属アレルギーを発症しないとは言い切れません。

    しかし、数多くある金属素材の中で、純チタンピアスは金属アレルギー反応が出にくいと言われています。

    金属アレルギーは、水や汗などで溶け出た金属(金属イオン)が、人体のたんぱく質と反応することで発症します。

    チタンは、空気中の酸素に触れると表面が「酸化被膜」に覆われ、水や汗で金属イオンが溶け出さなくなります。

    参加被膜がバリアになることが、純チタンは金属アレルギーになりにくいと言われる理由です。
     

    大振りなピアスはホールに負担がかかるから注意

    ピアスは、ヘッドが大きくなるほど重くなります。

    チタンはゴールド、シルバー、プラチナよりも軽い金属なので、大きなヘッドでもピアスホールの負担になりにくい素材です。

    しかし、セカンドピアスとしてつけっぱなしにする場合は、デザインに注意しましょう。

    パールなどが付いたピアスヘッドの大きいものやフープピアスのデザインだと、枕やシーツなどと擦れてホールに負担がかかったり傷めたりする恐れがあります。

    つけっぱなしにするチタンピアスの選び方

    チタンピアスならどんなピアスでもつけっぱなしで大丈夫かというと、そうではありません。

    つけっぱなしにするチタンピアスを選ぶポイントをご紹介します。
     

    素材を念入りに確認しよう

    チタンピアスと表記されていても、純チタン製とは限らないケースがあります。

    商品価格を下げるために「チタンメッキピアス」を使用している場合や、ポスト部分だけがチタンで、キャッチとヘッド部分が他の金属である場合などがあります。

    購入するときは、必ず「純チタン(ピュアチタン)」と表記されているピアスを選びましょう。

    ショップで購入する際は、事前に店員さんから確認をとることをおすすめします。
    チタン工房キムラでは、純チタンのみにこだわってチタンピアスを制作しています。

    チタンピアスの一覧ページもありますので、ぜひ参考にご覧ください。
     

    シンプルで小さいもの

    つけっぱなしにするピアスのデザインですが、どんなファッションにでも合いやすいシンプルなデザインが良いでしょう。

    大振りのピアスだと、つけっぱなしにすることでピアスホールが重みで広がってしまうことがあります。

    ピアスホールが広がっているのに気付かないままピアスをつけ続けていると、やがてピアスホールが裂けてしまいます。

    また、セーターなどの衣類にピアスの飾りが引っ掛かって、ピアスホールを傷めてしまうこともあります。

    ピアスをつけっぱなしにするなら、小さくてシンプルなデザインが良いでしょう。
     

    ポストが長めのもの

    ピアスホールを開けたばかりの時期は、ポスト(軸)が耳たぶよりも2mmほど長いピアスを選びましょう。

    ポストを長めにしておくことで、炎症で耳たぶが腫れてしまった場合でも対応できます。

    耳たぶの厚さに対し、無理にポストが短いタイプのピアスをつけていると、ピアスが埋没してしまう可能性があります。

    また、ロングタイプのポストのピアスであれば、ポストを前後にずらして洗うことができるので、ピアスホールを清潔に保てますよ。
     

    チタンピアスならつけっぱなしでオシャレを楽しめる

     

    ピアスに不慣れなうちは、つけっぱなしにしておくほうがホールを傷めずにすみます。

    うっかりピアスを紛失してしまうことも無くなりますよね。

    チタンピアスなら、軽量で体に優しいので、つけっぱなしにしていても安心です。

    あなたもお気に入りのチタンピアスを探してみませんか?

    ご相談などありましたら、お気軽にメールフォームからお問い合わせくださいませ!